まるで「沖縄に居るみたいな」すばらしい夜。

東京(本土)に暮らす、沖縄(高校時代)のクラスメート宅に。

私を含め5人で集合。

友人らは。
「そう八郎を励ます会&お母さんを見送る会」
を、遂行してくれたの。

見て↓

まるで、豪華な沖縄の居酒屋さんみたいよね。
(しつこいけれど、こちら友人宅(大田区よ))

で、友人は。
「そう八郎のお母さんが好きだったメニューは?」

私は即答で『金目鯛の煮付けよ』と。

そして、これまた友人は。
「そう八郎、あんたの食べたいものは?」

私、またもや即答で。
『切り干し大根と、きんぴらごぼうよ』と。

その全てとそれ以上。
手作りの「ごちそう」が食卓に。

私の母が天国へ旅立ち、3週間。

私の友人は、この様に母の為にお膳を↓

母の好きだったビールも。

はっ!
何だか母がソファーに座って参加している様な不思議な気持ちに↓

ありがたい。
あたしゃ、ほんと友人らに恵まれた幸せ者だと痛感よ。

普通、ここまでしてくれるかしら(?)と。
友人らの然り気無い思いやりに涙しそうだったわ。

私も、友人を大切にし。
今後も互いに励まし合って生きて行こうと誓う夜でした。

友人らは、シャンパンで楽しく酔い。
あらら。
私らの大好物な「下ネタ」&「意地悪」談義が。

母も側で聞いていたでしょうが。
母は、慣れっこです。

だ~いすき。

( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆